ホームページの更新・管理でお困りではありませんか?

Read Article
育てて成長するホームページに

追加ページをアレンジできるのも制作会社ならでは。

追加するページは期間限定の商品ページなどの場合、大胆に新しいページとしてデザインすることで最大限に効果をアップさせることがあります。
この場合、自社のWEB更新担当者がデザインを一から作るよりも、実際にページを作成した制作会社へイメージを伝え、全体的にブランディングしてもらうことがさらなる効果を導くケースも多いものです。
追加、というとベースは一緒で内容だけを編集できればいい、と思うこともあるでしょう。しかし、本当にそれだけでいいのでしょうか?
せっかくページを追加するのなら、なぜ追加のページを必要とするのか、広告なのか、商品の追加なのかなど目的を明確にして、追加する内容を選定します。
追加するコンテンツ内容によっては、コピーライティング等が必要なこともありますので、予算も含めて一度相談してみましょう。

Return Top